1月22日 ご発表

東京電機大学 理工学部 理工学科 大越康晴先生『生体材料への応用を目指した表面処理技術の開発』

エラストマー素材であるポリウレタン繊維(ナノファイバー)へALD成膜したALDアルミナ皮膜シートを動物の大動脈血管部分に移植し、その経過を検証された。結果、良好な血液適合性の確認がされた。